商品カテゴリ

▼年代別

▼身長別

お知らせ

留袖について
振袖スタイル

当サイトでは、セキュリティ保護のため、GeoTrustサーバ証明書を使用し、暗号化通信を行っています。

留袖とは

女性が着用する最も格の高い礼装です。

胸元や袖に模様がなく、裾に1枚の絵が描かれており、背中・両胸・両袖の後ろに五つ紋が入っているのが特徴です。

黒留袖

黒留袖写真

結婚式にて、新郎新婦の母や仲人、親族の既婚女性が着用します。

衿(えり)、裾が2枚に見える比翼仕立てが特徴です。

袷(あわせ)、単衣(ひとえ)、絽(ろ)とは

着物の着用月により、袷(あわせ)、単衣(ひとえ)、絽(ろ)の3つがあり、生地や仕立てに違いがございます。

現代ではエアコン完備の屋内が多く、袷(あわせ)を着用される方が多くなっております。

しかし、四季を感じながら、季節に合った着物を選ぶ楽しみを感じてみてはいかがでしょうか?

着用月の目安

着用月の目安表

袷

生地に裏地を縫い合わせた仕立て方法で、裏地にはすべりのいい生地を使用し、着用しやすくなっております。一般的に10月~5月末まで着用されます。

単衣

袷(あわせ)とは反対の仕立て方法で、裏地を付けません。

一般的に6月・9月の季節の変わり目に着用されます。

時期は短いですが、結婚式やパーティが多い時期でもあり、同じ着物でも帯や帯締め・小物などで雰囲気が変わり、着物を楽しめる季節です。

絽

薄手の生地に裏地を付けない仕立て方法です。

軽量で涼しく着用できますので、屋外結婚式や屋外パーティなどには絽(ろ)の着物がお勧めです。

一般的に7月・8月に着用されます。